はげ防止に豆乳は有効か?|イソフラボンが男性ホルモンを抑える

はげ 防止 豆乳

豆乳に含まれる大豆イソフラボンがはげ、薄毛に良い働きをするのは間違いありません。なぜならイソフラボンがプロペシアと同じような性質があるからです。

豆乳の大豆イソフラボンとプロペシア

豆乳の大豆イソフラボンとプロペシア

男性型脱毛症(aga)は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによって5αジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることで起こります。ですが、大豆イソフラボンには、この一連の流れを抑制する働きがあることが分かったのです。

これは、はげ、薄毛治療で使われるプロペシアと同じような働きと言えます。つまりはげ防止に豆乳は有効なのです。ただ、プロペシアと同じように効くかと聞かれればYESとは言いにくいです。なぜならプロペシアは薬で大豆イソフラボンは大豆から摂れる成分だからです。

いくら同じような働きをするからと言って効果も同じとは限りません。しかし、毛髪に対しては良い働きをするのは間違いないので積極的に摂ることは良いでしょう。

豆乳の大豆イソフラボンとエストロゲン

豆乳の大豆イソフラボンとエストロゲン

また、大豆イソフラボンにはフィトエストロゲンがあり、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。

エストロゲンには以下のような働きがあります。

・血液中のコレステロール(悪玉)を抑える

・毛髪にハリを与えツヤツヤにする

・皮膚の新陳代謝を促進して肌(頭皮)を健康にする

・骨を強くする

・自律神経の乱れを安定させる

などなど。

このことからもわかるように、大豆イソフラボンには頭皮や毛髪に良い働きをする成分があるのです。頭皮が健康的になりハリやツヤが出てみずみずしい状態なら毛髪も健康的に育ってくれますし、抜け毛も少なくなります。結果的にはげ防止に豆乳は一役買っているわけですね。

もちろん大豆を食べれば良いのですが、毎回料理に使うのは面倒なので、すでに商品になっている豆乳を選ぶのが正解でしょう。ただ、大豆アレルギーの人もいますので、自分の体質に合わせて選びましょう。

豆乳に含まれる栄養素とは

豆乳に含まれる栄養素

なお、大豆イソフラボン以外にも豆乳に含まれる栄養素を以下にまとめてみました。

大豆たんぱく 大豆に含まれるタンパク質は骨や筋肉、皮膚や血液の元になる大切な栄養です。しかも肉類と比べてカロリーが低い特徴を持っています。また、血中のコレステロールを下げる働きもあります。さらに血管を柔らかくするので血流が良くなり毛髪の栄養分も運ばれやすくなります。

サポニン サポニンも血液の中のコレステロールを洗い流す働きがあります。血行促進に一役買っているわけです。また、抗酸化作用もあり体の酸化を予防します。

レシチン レシチンには血液中のコレステロールを取り除く効果があります。これにより血行促進が期待できるので毛髪に必要な栄養分を毛細血管まで行き届かせる事ができます。
血行が良くなると毛髪も元気になるし、頭皮もツヤのあるみずみずしいものになります。

オリゴ糖 オリゴ糖と聞くと腸内環境をイメージする人が多いでしょう。まさにその通りで腸内環境が改善されれば便秘が解消され美肌になると言われています。

ビタミンE ビタミンEには血液をサラサラにする働きがあります。こちらも血行促進で毛髪の栄養分をスムーズに運んでくれる効果が期待できます。

不飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸は血栓の予防、動脈硬化の予防、高血圧の予防などの効果があります。こちらも血行促進につながるのでアミノ酸を運ぶのに期待できますね。

フィチン酸 フィチン酸は細胞の酸化を防ぐ働きと血液が固まりにくくして血栓を予防する働きがあります。

カリウム カリウムは高血圧やむくみの予防が期待できます。

ビタミンB群 ビタミンB群には成長を促進させたり貧血予防、疲労回復、皮膚を健康に保つ、などの効果があります。頭皮を健康に保つことは毛髪を健康に保つことに繋がります。

マグネシウム マグネシウムは精神からくるイライラをやわらげる働きがあります。つまり精神状態をおだやかに安定させてくれるのです。イライラなストレスは毛髪にも悪いですからね。