髪を洗うのに臭いって? |頭皮の臭い原因と対策

髪 洗う 臭い

髪を洗うのに臭い人っていませんか?
毎日毎日丁寧に洗っているにもかかわらずしばらくすると頭皮から変な臭いがするみたいな。もしくは朝シャンプーしているのに夕方には頭皮が臭い人とか。

どちらもちゃんとこまめに髪を洗うのに臭いとはなんと悲しいことなのでしょうか。まぁ、たまにしかシャンプーしない人が臭いのは当然ですけどね。

では、どういう理由で髪を洗うのに臭くなるのでしょうか?今回はその辺りを深掘りしてみたいと思います。

髪を洗うのに臭い

シャンプーしてるのに臭い

ここで問題なのは毎日シャンプーしているのになぜか臭いってことです。

清潔にしているなら臭いはずはないですよね。しかし、本当に清潔なんでしょうか?もしかしたら、きれいに洗っていると思い込んでいるのはあなただけなのではないですか?

何が言いたいかと言うと、洗っているつもりでも本当は洗えていないのではないですか?ってことなんですよ。

シャンプーって、手のひらで泡立ててから髪の毛に付けて洗いますよね。そしてシャカシャカしたらお湯ですすぎます。この時、頭皮全体をちゃんと洗っていますか?もしかしたら洗い残しの部分があるのでは?

シャンプー 洗い残し 臭い

私達のように仕事でお客さんの頭をシャンプーする場合は頭皮の隅から隅までをきちんと洗います。でも、自分でシャンプーする場合は、そこまで時間をかけて洗う人は少ないんですよ。

特に男性はめんどう臭いと思う人が多いようで、ひととおりシャカシャカしたら終了って感じではないでしょうか?

このようにきれいに洗えていないということは汗や皮脂が頭皮に残っていると考えられます。つまり、これらが臭い原因なのです。

毛穴の詰まりも臭いの原因

マイクロスコープ 毛穴

毛穴の詰まりも臭いの原因です。この場合、毛穴の詰まるのは古くなった皮脂やシャンプー、リンスの残留物です。

これらはマイクロスコープで頭皮を拡大して見ると詰まっている様子がはっきりと確認できます。

毛髪診断士のいるサロンでは、希望すればマイクロスコープであなたの頭皮を見せてくれるはずです。興味のある人は一度リクエストされたらいかがでしょうか。

ただ、毛穴が詰まっているからと言ってそれが全て臭いとか抜け毛につながるというわけではないようです。
実は試験的に私の店のお客さんの頭皮をマイクロスコープで調べたことがありました。

約1ヶ月ほどですが、了解を得たお客さんの頭皮をマイクロスコープで確認していったわけですね。
するとほとんどの人が多かれ少なかれ毛穴は詰まってたのです。

そこで頭に顔を近づけてみると臭う人もいれば臭わない人もいたんですよ。

シャンプーの頻度も関係していると思いますが、仕事で汗をかきやすい、かきにくいでも違ってくるので一概には言えませんけどね。

ただ、毛穴が詰まっていて嫌な臭いがしているお客さんに頭皮クレンジングを行ったところ、乾かした後は臭いが消えたケースもありました。

おそらく古く固まっていた皮脂が洗い落とされたのでその臭いも消えたのだろうと思います。

整髪料 落ちていない 臭い

また、髪を洗うのに臭う原因に整髪料が落ちていない場合もあります。

最近はムースやジェル、ワックスなどさまざまな整髪料が売られています。

整髪料はヘアースタイルによって使い分けるのですが、種類によってはセット力があるので固まったり、ベタついたりするものもあります。

固まったりベタついたりするものは1回のシャンプーでは落ちませんから2回洗う必要があります。

それに、ツンツンと毛束を立てるヘアースタイルの場合は、根元近くから整髪料を付けるので頭皮についてしまう場合もあるんですね。ということは、髪はもちろん、頭皮もしっかり洗わなければこれらの整髪料はきれいに落ちないということになります。

整髪料を使った時は、普段よりも丁寧にシャンプーして下さいね。

シャンプー後のすすぎが重要

シャンプー後のすすぎが重要

ここまで汗や皮脂、整髪料をきちんと洗い落とすことについて書いてきましたが、すすぎも大事だと心に留めて欲しいんです。

というのも、シャンプーで浮いた汚れや汗、皮脂は泡と一緒に流れてしまうわけですが、すすぎが不十分だとシャンプー自体の成分が頭皮に残ってしまうんです。

リンスやコンディショナー、トリートメントを使う人なら、それらの成分も残ってしまうので注意してくださいね。これは男性よりも女性に多く見られるようです。

女性の中にはあえてリンス、コンディショナー、トリートメントを残すようなすすぎ方をする人がいます。例えば、すれ違うときに思いっきりリンスの香りがする人ですね。

すれ違っただけなのにリンスしていることがわかるって、かなり髪や頭皮にリンスの成分が残っているに違いありません。なにか勘違いされてる人もいるようですけどリンスって残せばいいってものではないんです。

リンス コンディショナー トリートメント

もともとリンスは髪の表面に膜を作って髪の毛を保護する働きをするんですね。ですから髪の表面に薄く残っていればそれでOKなんです。

でも、リンスをする人って髪に良いからたくさん残したほうが良いと思っているようですね。なのですすぎも簡単にすませちゃうみたいな。

いい香りのリンスも必要以上に髪や頭皮に残っていると、いろんな臭いが髪に付くことで混じってしまい最後には嫌な臭いになることもあります。

頭皮ではなく加齢臭かも

加齢臭 臭い

中年男性に注意して欲しいのが加齢臭ですね。
耳の後ろや首、後頭部から出ると言われているノネナールという臭い物質も要注意です。

髪を洗うのに臭うって思い込んでいたら実は加齢臭だったってことも考えられますからね。

加齢臭の場合は、柿渋石鹸などが効果的と聞きますが、先ほども書いた耳の後ろや後頭部などを重点的に洗うようにしましょう。

髪を洗うのに臭いって?頭皮の臭い原因と対策 まとめ

髪をきちんと洗っているにもかかわらず臭いって言われる人は次の項目をチェックしてください。

・シャンプーの時、ちゃんと洗えているか。
・毛穴は詰まっていないか。
・シャンプーやリンス、トリートメントもちゃんとすすいでいるか?
・加齢臭ではないか?

頭皮が臭いと家族や彼女、会社の同僚から嫌われますから注意しましょうね。